おすすめ本

【おすすめ本13】垣根涼介著「君たちに明日はない」シリーズ 書評

 主人公は中堅広告代理店に勤めていた村上真介。二十八になった時、不景気の波をかぶった会社に”リストラ請負会社”日本ヒューマンリアクト(株)が乗り込んでくる。希望退職者を選ぶ個別面談で真介は叩きのめされ、数日後には希望退職の書類にサインをす...
おすすめ本

【奥様おすすめ】加納朋子著「七人の敵がいる」 書評

「ーそもそもPTA役員なんて、専業主婦の方じゃなければ無理じゃありませんか?」  出版社で働く主人公の山田陽子は、一人息子が入学して最初の保護者会で保護者のほとんどを敵に回す。 空気が読めない。 ・上手く距離感が取れない...
おすすめ本

【おすすめ本11】藤田和日郎著「うしおととら」 書評

 中学2年生の少年 蒼月潮(あおつきうしお)は自宅の蔵の地下室に落っこち、そこで槍が突き刺さった妖怪「とら」に出会う。 獣の槍を引き抜いたところから人生が大きく動き出す。  日本中の妖怪が忌み嫌い破壊しようと襲いかかる「獣の槍...
おすすめ本

【おすすめ本10】ケリー・マクゴニガル著「スタンフォードの自分を変える教室」 書評

なぜダイエットが上手くいかないのか。なぜ「目先の欲望」に飛びついてしまうのか。なぜ「今日やろう」と思っていたことを先延ばししてしまうのか。  スタンフォード大学の健康心理学者である著者が「意志力」を身につけるための方法を教える人気講...
おすすめ本

【奥様おすすめ】手塚治虫原作、和田ラヂヲ漫画「和田ラヂヲの 火の鳥」 書評

 読む。フッと笑う。 おもしろい・・・のか?  横で笑い転げている奥様を見て、「人の好みは十人十色だなー」としみじみと感じました(笑) 手塚治虫原作?!  読む度に「気になるポイント」が出てきます。時間がある方は読...
おすすめ本

【おすすめ本8】山本幸久著「カイシャデイズ」 書評

 主人公は中小企業に勤める中堅の営業マン。顧客対応しながら会議用資料を作り、新入社員を連れて外回りし、施工現場に手伝いに入る。 仕事の数だけ物語がある。  経営、経理、設計、施工、営業、お客さん、・・・。一つ一つのプロジェクト...
本の書き方

分かりやすい文章を書く一番簡単な方法。

「文章を書くのが苦手」「どうやっていいか分からない」「何から書いていいかが分からない」 そう思ったこと、ないですか?  「国語」では文章の書き方を教えてくれない。  「作文」や「読書感想文」はあったけれど、どう書いたらい...
おすすめ本

【おすすめ本7】中山七里著「贖罪の奏鳴曲」「追憶の夜想曲」「恩讐の鎮魂曲」「悪徳の輪舞曲」 書評

「とにかく人を殺してみたかった。相手は誰でもよかった」  五歳の女児を殺害し少年院に送致された十四歳の少年は、名前を変えて五年後に仮退院し司法試験に合格、弁護士となる。 人を殺した人間はどうしたら許されるのか。   反省...
本の書き方

【出版までの体験談】6冊目「自信」

「出版に興味がある」「本を書いてみたい」「でも、どうしたらいいか分からない・・・」  そう思っている方向けに、参考として私の体験談を1冊目から順に紹介します。6冊目は「自信」。 きっかけ  「集中力」を書き終わった時に、...
本の書き方

【出版までの体験談】5冊目「Pile up!」

「出版に興味がある」「本を書いてみたい」「でも、どうしたらいいか分からない・・・」  そう思っている方向けに、参考として私の体験談を1冊目から順に紹介します。5冊目は「Pile up!」。 きっかけ  「テニスボールの積...