2020-10

おすすめ本

【おすすめ本23】L.D.ランダウ、E.M.リフシッツ著「力学・場の理論」 書評

最小作用の原理  このたった一つの数式から始まり、運動方程式、相対性理論、電磁波、場の理論とこの世界の成り立ちが説明されていく。 数式を追うだけで、息が止まるほど感動する。  何をしているのかがかろうじて分かる程...
おすすめ本

【おすすめ本22】上橋菜穂子著「精霊の守り人」 書評

『あちらの世界<ナユグ>から こちらの世界<サグ>を見守る精霊は、100年に一度だけ こちらの世界の人に宿って 新しく誕生するという。精霊が無事に生まれると、そのさき100年は 人の世に大きな災害や飢饉がおきないという。』(上橋菜穂子著「...
おすすめ本

【おすすめ本21】ジャレド・ダイアモンド著「銃・病原菌・鉄」 書評

なぜ、白人が世界の覇権を握ったのか?  人類は700万年前に南アフリカで誕生し、50万年前までにユーラシア大陸のほぼ全域に進出、10万年前に言葉を使い始め、1万年前には南アメリカ大陸の最南端まで到達。その時点では全員が狩猟採集生活だ...
おすすめ本

【おすすめ本20】森博嗣著「常識にとらわれない100の講義」 書評

切れない刃物ほど手応えは大きいものである。 (森博嗣著「常識にとらわれない100の講義」92ページから引用)  鋭い刃物を使うと、力を加えなくても簡単に切れて、安全性も高い。  切れない刃物を使うと、切るのが難しい上に、...
おすすめ本

【おすすめ本19】山本弘著「詩羽のいる街」 書評

『あの日まで、僕はこの世に奇跡が存在するなんて信じていなかった。』(山本弘著「詩羽のいる街」7ページから引用)  バイトしながらマンガ家を目指していたものの、挫折しかけていた陽生(はるお)は、ある日公園で詩羽(しいは)と出会う。 ...